アートメイクの施術の流れ

アートメイクでは、施術を行い希望の部位に色を付けていきます。施術を行うにしてもその流れがあります。

ペンまずは来院してすぐに施術は行わず、カウンセリングをします。カウンセリングでは、どのような施術をするのか、質問や相談があれば行うこともでき、最後に希望の部位にデザインを施します。このデザインは施術前の下地となり、デザインが上手くいかないと施術も上手くいかないです。ペンでおおよそのデザインをして、下地とします。

カウンセリング後は施術となりますが、ニードルを使って色素を注入していくので、痛みは少しはあります。そのために、塗るタイプの麻酔を用意している医院も多く、施術前にはその部位に麻酔をします。表面麻酔によって、施術での痛みを少なくできます。麻酔後は、デザインした下地にそって、施術を行い、ニードルで色を付けていきます。施術時間は30分から60分ぐらいであり、それほど時間はかかりません。

施術後はアフターカウンセリングとなり、仕上がり状態のチェック、生活での注意事項、自宅でのケア方法などを説明してくれます。このときに気になることなどあれば、遠慮無く質問してください。

その後針を刺した部分は、数日は触らないようにして、傷が収まってくれば、化粧や洗顔も出来るようになります。通常は施術は1回ではなく、数週間期間を空けて、2回から3回行い、すべての施術が終了となります。数回行わないと綺麗にアートメイクはできないので、施術は数回行われます。