施術回数

眉毛アートメイクを綺麗に施すには、希望の部位に2回から3回は施術を行わないとなりません。ただ一度施術を行うと皮膚に傷を付けるので、施術後2週間程度時間を空け、施術部分の傷が回復してから、2回目の施術を行い、3回目も同じく2週間程度時間を空けてから行います。1回目の施術では、アートメイクを施しても、薄く色が付く程度であり、薄い仕上がりになります。その後2回または3回行い、希望の色のアートメイクに仕上げるのです。通常は多くても3回程度施術すれば希望の色になるので、4回や5回行う必要はないです。

アートメイクは、皮膚の浅い部分に色素を入れるので、新陳代謝と共に徐々に色が薄くなっていき、2年程度アートメイクの状態は続きます。色が薄くなるのに任せるなら必要ないですが、何年もアートメイクを綺麗に保つなら、定期的なメンテナンスが必要です。1年に1回程度、施術を行った部位に、再度アートメイク施術を行い、薄くなった色を補充し、綺麗に保ちます。メンテナンスをするかしないかは、もちろんあなた次第です。中には2年から3年で色が薄くなった部分を、その時期の流行に合わせて、デザインを変えてアートメイクをしてメンテナンスするような方もいます。

アフターケア

顔施術を行いアートメイクを施すと、顔などのパーツ部分に、ニードルという針のような道具を使い、皮膚に穴を開けて色素を注入します。穴を開けることになり、これは肌に傷を付けることになるので、施術後は傷が回復するまで、アフターケアは必要です。施術を行った部分は、背術後1週間ぐらいは、ワセリンなどの保湿剤を塗り、乾燥を防ぐ方が、色の定着は良いです。施術当日は、熱を持っているようであれば、冷やすようにします。施術後1日ぐらいは、赤みや腫れが出ることがありますが、自然と時間とともに収まるので、1週間ほどで収まります。

施術部分は当日は洗顔を行わずに、出来るだけ触らないようにします。もしもむやみに触って洗うなど傷を広げると、化膿して色が崩れることもあります。特に眉毛周辺であれば、1週間ほどは洗顔やクレンジングは行わず、傷が収まるのを待ちます。その他の部位であれば、施術の次の日から洗顔は出来ます。メイクもどの部分でも次の日から可能ですが、無難に1週間ぐらいは、あまり施術部分は触らない方が良いかもしれません。アフターケアについては、施術後に医院から説明があるので、そのときわからないことあがれば、聞いておきましょう。

関連リンク(アートメイク

カウンセリング

アートメイクの仕上がりを決定する重要な部分が、施術前に行うカウンセリングです。ここでは施術方法や、どのような色にしていくのか決める他に、施術に関してわからないことや不安な部分を取り除く機会にもなります。

医師カウンセリングでは、担当のスタッフや医師に、どのようなデザインにしたいか希望を伝えます。その希望に従い、スタッフがどのようなデザインや色にするか決めていきます。このカウンセリングでは、あなたは遠慮せずに、わからないことや希望をはっきりと伝えることです。ここで曖昧にしていると、デザインもあなたの希望通りにならずに、施術も満足のいくものになりません。実際にデザインは顔のバランスを考えながらペンを使って、顔に描いていくこともあります。

普段のメイク方法なども聞かれるので、そのようなことも質問に答えていきます。やはりアートメイクを施しても、普段のメイクも行うので、この部分も重要です。また、施術での痛みがない方が良いというなら、麻酔を使ってほしいということも伝えておきましょう。こうして医院側のスタッフとあなたの両者が納得した上で施術は行われます。そのために納得のいかない部分は、納得できるまで聞いておきましょう。続いてはアフターケアについて説明します。

アートメイクの施術の流れ

アートメイクでは、施術を行い希望の部位に色を付けていきます。施術を行うにしてもその流れがあります。

ペンまずは来院してすぐに施術は行わず、カウンセリングをします。カウンセリングでは、どのような施術をするのか、質問や相談があれば行うこともでき、最後に希望の部位にデザインを施します。このデザインは施術前の下地となり、デザインが上手くいかないと施術も上手くいかないです。ペンでおおよそのデザインをして、下地とします。

カウンセリング後は施術となりますが、ニードルを使って色素を注入していくので、痛みは少しはあります。そのために、塗るタイプの麻酔を用意している医院も多く、施術前にはその部位に麻酔をします。表面麻酔によって、施術での痛みを少なくできます。麻酔後は、デザインした下地にそって、施術を行い、ニードルで色を付けていきます。施術時間は30分から60分ぐらいであり、それほど時間はかかりません。

施術後はアフターカウンセリングとなり、仕上がり状態のチェック、生活での注意事項、自宅でのケア方法などを説明してくれます。このときに気になることなどあれば、遠慮無く質問してください。

その後針を刺した部分は、数日は触らないようにして、傷が収まってくれば、化粧や洗顔も出来るようになります。通常は施術は1回ではなく、数週間期間を空けて、2回から3回行い、すべての施術が終了となります。数回行わないと綺麗にアートメイクはできないので、施術は数回行われます。